無線LANルーターの比較方法とは

category01

光回線を利用する場合に、標準サービスではLANケーブルを利用するための有線ルーターしか使用できません。

スマホ・タブレットやノートパソコンをインターネットに接続したい場合には、無線LAN用のルーターを設置する必要があります。

無線LANの比較の最新情報を見つけよう。

プロバイダによっては無料または月額数百円程度でレンタルサービスを利用することができますが、レンタル用のルーターは安物の機器なので速度が遅くて利用可能エリアが短いというデメリットがあります。LANケーブルと同じように快適にWiFiを利用したいのであれば、自分で無線LANルーターを購入して設置した方が良いでしょう。

無線LANルーターを比較する場合には、通信速度と飛距離(電波が届くエリア)をチェックします。



通信速度は規格によって異なりますが、製品の箱に最大速度の数値が明記されているので簡単に確認をすることができます。



インターネット回線の速度に応じたタイプの機種を選ぶようにしましょう。
無線LANルーターを設置する場合には電波が届くエリアも重要です。


小さな木造住宅であればアンテナが1本の機器でも十分ですが、鉄筋コンクリートの集合住宅や比較的大きな戸建住宅で使用する場合には2本以上のアンテナを備えている機種を選ぶようにしましょう。

無線LAN環境を整える場合は、有料のレンタルサービスを利用するよりも自分で購入した方が少ない費用で済むことが多いです。
自分でルーターを購入する際は、回線速度や自宅の状況を考慮した上で機器の性能を比較して選ぶことが大切です。

おすすめの無線LANの意外な真実

category02

ワンルームマンションで部屋が小さいので、テーブルの上でノートパソコンを使っているという人には、ADSLモデムとノートパソコンを無線LANで接続することが、おすすめです。最小限の機器で構成するので、場所も取らないし機器も安価な製品を使うので購入費用も抑えることが可能です、拡張性は乏しくなりますが、複数のパソコンで同時にインターネットを使うことは可能となります。...

subpage

おすすめの無線LANのサポート情報

category02

無線LANには、有線のときのような利用時におけるデメリットが存在しないという利点が存在します。例えば、インターネットを利用しているときにはパケット料金が懸念されているため、自宅で家庭のメインコンピュータを使用することを考える人は多いです。...

subpage

おすすめの無線LANの身に付けたい知識

category03

時代はどんどんワイヤレス化の方向に進んできました。電話などは分かりやすい事例です。...

subpage

ためになるおすすめの無線LAN

category04

現在複数端末を使うことが常態化することによって、個人団体問わずに複数接続が可能になる無線LANが主流になっています。しかしいざ工事をして開設して使ってみたが、複数接続が可能になっても重く感じるなど不便性を感じる人も多いです。...

subpage